TEL : 090-9937-6030            

レビー小体型認知症のKさんへのアドバイス/岐阜/介護予防運動・頑張らない運動術・サンライトミー・サンライトフィットネス

2021.07.28  カテゴリー:ALL,ブログ

レビー小体型認知症のKさんへのアドバイス/岐阜/介護予防運動・頑張らない運動術・サンライトミー・サンライトフィットネス

 

 

「先生、病院に行ったらレビー小体型認知症だと診断されてしまったの。私、教室続けられるかな?」

Kさんから話しかけられました。

 

「え?」

 

私が動揺したのは、全くいつもと変わらず、しっかりされているkさんの姿を目の前に見ているからです。

 

10年近く講座に通ってくださっていますが、まだ年齢も70代前半。

 

「地域包括支援センターの方に、デイサービスに行けますよとアドバイスされて、ショックでした。」

 

レビー小体型認知症とは、老年期に認知症を呈する病気の一つで、変性性(脳の神経細胞が原因不明に減少する病態)の認知症では、アルツハイマー型認知症についで多い病気です。

高齢者の認知症の約20%を占めていて、早い方では40歳ころから発症する人もいる病気。

 

私も胸を締め付けられる思いでした。

突然デイサービスなんて言われたら、急に介護される気がして、ショックなのは当然です。

 

私は

「諦めて、家に籠ったらダメです。ここでみんなと話せるのも楽しいですよね?

沢山の人とお話をして、身体を動かして、楽しく過ごしていたら、進行も遅らせる事が出来るかもしれません。一緒に楽しみながら頑張って行きましょう!」

とお話しました。

 

 

実は私の叔父が以前に同じ

「レビー小体型認知症」にかかり、とてもひょうきんで明るい人だったのに、家に籠ってしまいどんどん悪化してしまった経過を知っています。

また、『きんさんぎんさん』がアルツハイマーだったのに

100100‼️

とテレビで注目された結果、

車椅子生活から立ち上がれる様になり、

アルツハイマーの進行が止まるどころか?改善した‼️

というお話も、以前に愛知医科大学の研究室で聞いたことがあります!

 

 

私がこれをKさんに話すと、

「主人がね。私がレビー小体型認知症になって良かった!今までやった事ない家事にもチャレンジできるから!なんて言ってるのよ。」

と話され、

「ステキなご主人ですね!」

と答えると、Kさんの表情に笑顔が戻りました。

 

Kさんの治療は病院頼み!

ですが、

少しでも長く、希望を持って、幸せに生きていけるお手伝いをさせて頂けたらと思いました。

私達に出来ること!

で、寄り添っていきたいと思います。

 

お問い合わせ

お問い合わせ

一覧に戻る