看護師時代に学んだ「治してもらおう」と思って病院に訪れる人と「治し方を教えてもらおう」と思って訪れる人の違い

「治してもらおう」と思って病院に訪れる人と「治し方を教えてもらおう」と思って病院に訪れる人の違いとは?

ある40代の心臓内科の医師から聞いた言葉です。

「私達医師の治せる範囲は45%までです。

残りは患者自身の努力と自己回復力で治すのです。

身体を治してほしい・・・

という気持ちで病院を訪れる患者さんと、

身体の治し方を教えてほしい・・・

という気持ちで訪れる患者さんの回復率は全く違うのです。」

と。

 

自分で治す努力が大切!!

私が看護師として整形外科を中心に勤務していた頃、

個人クリニックに訪れる

患者さんの多くが腰痛や膝の痛みを訴えていました。

「ギックリ腰をなんとかして欲しいんですが・・・」

と言われるとドクターは、

レントゲンで骨の状態を確認し、

特に異常が見つからなければ、

湿布や痛み止め・コルセットを処方し、

 

「ぎっくり腰は何もしなくても

だいたい6週間経てば治りますが、

腹筋を鍛えないとまた何回も起こります。

運動しないとダメですよ」

と伝えていました。

 

そこで自宅に帰って腹筋を鍛えようとする人が

どれくらいいるでしょうか?

ほとんどの方は、

年に何度か同じ症状で病院を訪れていました。

 

私も運動の仕事に携わるまで、

病院は治して貰いに行く所だと思っていました。

もちろん、風邪や内臓疾患については特にそう思っていました。

 

2017年に岐阜県の心臓リハビリテーションの資格を取得したのですが、

その時学んだことは、

現在は「癌も含め、殆どの病の治療に、

運動療法が効果的である事が検証されている」という事です。

もちろん心筋梗塞などで心臓の手術を行なった後の患者さんも、

再発予防に運動が必須であると言われています。

 

身体の不調を治すのは自分自身。

病院は、その治療の手助けをしてもらう所だという意識でいる人は

回復が早いそうです。

私達もそんな意識で病院を利用していきたいですね。

いわきひろみの公式メルマガ!!を始めました。

このメルマガで、

皆さんに役立つ情報や
セミナーのお知らせ
ツアーのお知らせ!!
など、配信させていただきたいと思います。
『頑張らない運動術』をもっと知りたい!!
という皆様へのサービスです✨
もちろん登録は無料!!
宜しければぜひ!!ご登録お願い致します。

いわきひろみのメルマガ登録はコチラ

↓↓↓

https://resast.jp/subscribe/216845

 

企業でこんな講座を受講してみたい方はコチラ

↓↓↓

企業様向け講座を確認する

お問い合わせはこちら

 

岐阜市と海津市で開催されているスクールに参加してみたい方はコチラ

↓↓↓

スクールの内容を確認する

 

メルマガ講座のご案内

頑張らなくても楽に動ける身体を作る講座「頑張らない運動術」をもっと学んでみたい方は、メルマガの登録がオススメです。登録すると動画やメルマガでお役立ち情報を得ることができます。
登録は無料!!ぜひご登録をお願い致します。

頑張らない運動術メルマガ登録はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

看護師・健康運動指導士
40代からの身体をもっと動きやすく!!メディカル運動インストラクター
『たった10分で!楽に動ける身体を実感』できる『頑張らない運動術』を開発し普及しています。

コメント

コメントする